フィンペシア

リーブ21の口コミと評判

フィンペシアは最もポピュラーなAGA治療薬『プロペシア』のジェネリック医薬品です。

リーブ21TOP > フィンペシア

フィンペシア プロペシアのジェネリック医薬品

フィンペシア

フィンペシアはAGA(男性型脱毛症)の治療薬として世界中で広く使用されている『プロペシア』のジェネリック医薬品です。

ジェネリックとは後発品の意で、先発品と同じ成分を使用し、同じ効果を持つ薬剤として、別メーカーが製造した医薬品のことです。

一から研究して開発する先発品に比べ、ローコストで販売にこぎつけられる分、非常に安価な価格設定 となっています。

そのため、フィンペシアは、プロペシアは高くて買えない、継続使用できないという人におすすめの医薬品です。

フィンペシアの効果はプロペシアとほぼ同等

フィンペシアとプロペシアの違いは、製造しているメーカーにあります。

プロペシアは米国『メルク社』製の医薬品ですが、フィンペシアはインド第2の製薬メーカー『シプラ社』製の医薬品です。

その他、両者の違いは特になく、主成分も同じフィナステリドであり、1錠あたりの含有量も1mgと同量となっています。

そのため、フィンペシアの効果は、実質的にプロペシアとほぼ同等 であると認識されています。

フィンペシアは、AGAの症状に対して継続的に服用すると、AGAの主原因とされる『ジヒドロテストステロン(DHT)』の発生を抑制することができます。

DHTはテストステロンと呼ばれる男性ホルモンの一種が、酵素『5α-リダクターゼ』と結びつくことで発生します。

フィンペシアは、この5α-リダクターゼの働きを阻害することで、DHTの発生を防ぎ、AGA特有の抜け毛症状を防止 します。

プロペシアの臨床試験では、ほぼ100%に近い人に抜け毛防止効果 があったと報告されており、さらに、継続使用期間が延びるごとに、増毛効果 も見られることが判明しています。

そのため、プロペシアと同成分を有するフィンペシアでも、同レベルの効果を期待することができると言えるでしょう。

副作用について

フィンペシアは、プロペシアとほぼ同じ効果を得られることから、副作用の程度も同程度 であると認識されています。

主な症状としては性欲の減退や勃起不全、頭痛、胃部不快感などが挙げられますが、いずれも軽微な症状であると報告されています。

もともとの発症率も全体の5%程度と低いため、健康な成人男性が用法・用量を守って服用する分には過度に心配する必要はないでしょう。

気になる価格は?

プロペシアとフィンペシアを比較した場合、気になるのはその価格差です。

プロペシアの入手法は医療機関での処方と個人輸入代行業者の利用の2種類ありますが、いずれの場合も1錠あたりの値段は250~300円前後と非常に高価となっています。

一方、フィンペシアは日本で認可されていないため、個人輸入代行業者に頼るほかありませんが、その価格は1錠あたり100円程度と、プロペシアの10分の1以下 です。

さらに、まとめ買いすると1錠あたりの単価が下がり、100円を切ることも。

安価にプロペシア効果を得たいなら、フィンペシアの使用を検討してみてはいかがでしょうか。

フィンペシア ⇒フィンペシアの個人輸入代行店

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 2009 リーブ21.com All Rights Reserved.